Home / 社長ブログ

opie_logo

データセンター向け運用管理自動化基盤として弊社が開発した、OpenPIEのソースコードをGithubに公開しました。インストール方法や使用方法も掲載していますので、ぜひお試しください。https://github.com/oss-laboratries/OpenPIE

OpenPIE (Open Programmable Infrastructure Environment)とは、オープンソースのクラウド/データセンター運用自動化基盤です。 ポータル、システム監視、構成管理、ジョブ管理、チケット管理などの様々なツールを組み合わせて、自動連携することを可能にするツールチェーンです。 構成コンポーネントはAPIによる疎結合構造になっていますので、必要な機能だけ選んで使用できます。対象とするシステムは、VrirtualBox、AWSなどのパブリッククラウドから、オンプレミスのVMware、OpenStack環境まで対応予定です。OpenPIEの目的は運用自動化そのものではなく、すべてのオペレーション、機器情報や障害対応を記録し、情報共有・分析によるSRE (Site Reliability Engineering)を可能にすることです。

Googleが提唱し始めたSite Reliability Engineering (SRE)という考え方が最近注目されるようになってきています。もともと、Googleの運用部隊を率いているBen Treynorが始めた考え方でしたが、これまで明確な定義がなくいろんな人がいろんな言い方をしていたのですが、今年オライリーから「Site Reliability Engineering - How Google Runs Production Systems」という公式?な書籍が出版されましたので、紹介資料を作ってみました。

昨日開催された、July Tech Festa 2016Site Reliability Engineering (SRE)で拡がる運用の世界 - Googleでの展開から、エンタープライズへの夢は見れるかとして講演した資料です。

内容をかいつまんでご紹介すると、GoogleでのSREとは、製品開発チームと人材を共有し、サービスの信頼性を上げるためのあらゆる方法を開発している組織であり、単なるDevOpsだけにとどまらない内容です。もちろんGoogleのサービスを支えるシステムは、世界最大級の分散処理システムであり、かつソフトウエアからハードウェアやデータセンター、ネットワークに至るまでほとんど独自開発のものを使用している特異な環境ですが、普通のエンタープライズIT環境にも通じる考え方があるのではないかと思っています。

元ネタのオライリー本は残念ながら英語版だけで500ページ以上の大部ですが、インフラ関係者には一読をお勧めします。

旧年中は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

おかげさまで今年で弊社設立7年目を迎える事ができました。

昨年は、OSS構成管理システム「CMDBuild」の取り扱い開始、そしてCMDBuildを中心としたインフラ構築運用自動化基盤「Open-PIE」をリリースと、長年取り組んできたテーマに一区切りをつけることができました。

本年も、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

尚、新年は1月4日から平常営業とさせて頂きます。

2015年8月末リリース予定のJobScheduler V1.10から、従来のエージェント(クラシック・エージェント)に代わり、ユニバーサル・エージェントがリリースされます。

ユニバーサル・エージェントは、

  • Pure Java、シングルバイナリー・ゼロ
  • コンフィグレーション: エージェント側での設定を廃止、マスタ側からのリクエストに変更
  • リモート・ファイル監視 : エージェント側ホストのファイル監視が可能
  • Dockerサポート: Dockerコンテナ内でのエージェント稼働、ジョブの起動/停止

等の機能が搭載されています。

また、サポートプラットフォーム、提供条件、プロダクト・ライフサイクル等も更新されていますので、こちらからご一読ください。

10/30第六回クラウドストレージ研究会でCephの紹介をしましたので、発表資料をアップしました。

http://www.slideshare.net/sfunai/141030ceph

10/29に開催された第1回 OSS運用管理勉強会 技術者交流会で、「CMDBあれこれ」というテーマでLTしましたので、発表資料をアップしました。

http://www.slideshare.net/sfunai/cmdb-40856217

【クリックで拡大】

仮想化環境からクラウド環境の利用が拡がるにつれ、構成管理が大きな問題となってきます。

複数の仮想化環境での、論理構成と物理構成の複雑化と、クラウドでの変更の高速化高頻度化により、構成情報は爆発的に増大し、ITILでいわれる構成管理プロセスが回らなくなってしまうからです。

従来から様々な構成管理システムは存在していましたが、今日のような日々ダイナミックに変動する環境を想定しておらず、運用が追いつかなくなっているのが現状です。

ダイナミックに変動するシステムの構成管理を行うためには

  • 強力な自動情報収集機能とワークフローエンジン
  • 監視システムやサービスデスク等の外部システムとの連携機能
  • 管理内容の可視化機能

が必要になります。

今回ご紹介するオープンソースの構成管理システム"CMDBuild"は、インベントリ収集システム、ワークフローエンジン、文書管理システム等を組み込んだ、クラウド環境に最適な構成管理システムです。

オブジェクト指向であるPostgresの利点を生かした、自由に定義できるデータモデルと、きめ細かな権限管理が最大の特徴であり、様々な組織で利用されています。

インストール手順も公開しましたので、是非お試しください。

Hadoopのアプリケーション開発フレームワークであるAsakusa Framework勉強会で、「JobScehdulerを使ったAsakusaのジョブ管理」を紹介させていただきました。OSSジョブ管理製品のJobSchedulerを使用したAsakusaで作成したバッチ処理の制御をデモをまじえて発表しました。

今回の勉強会は他にも「OpenStack + RACK & Asakusa & Hadoop で作る動的分析基盤」「Asakusa バッチの運用を支える技術」など、運用周りの話を中心に70 名近い参加者が熱心に聴講し、Asakusaの普及が本格化してきた事が感じられました。

プレゼン資料は、こちらをご覧下さい。

分散仮想ストレージのCephは、アクセス方法として下記の四つを提供しています。

  • POSIX File (Kernel Driver):カーネルファイルシステムドライバ
  • POSIX File (FUSE Driver):ユーザ空間ファイルシステムドライバ
  • Block Device Driver:VMイメージ等に使用できるブロックデバイスドライバ
  • Object Storage:S3/SWIFT互換REST API

今回は共有ファイルサーバやVMイメージストアとして使用する場合を想定して上記Object Storage以外のアクセス方法の性能差を検証しました。

結果としては、Block Device Driverが全般的に良好な性能を示しましたが、詳細は下記プレゼンをご覧下さい。

http://www.slideshare.net/sfunai/ceph-33123790

株式会社TIS様が中心となって開発されていた「CloudConductor」が公開されました。

CloudConductorは、経済産業省の平成25年度「産業技術実用化開発事業費補助金(ソフトウェア制御型クラウドシステム技術開発プロジェクト)」に採択された「ビジネスクラウドサービス事業者のための自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム実用化技術開発事業」の一環として開発されたオープンソースデザイン指向クラウドオーケストレータであり、弊社も一部をお手伝いさせていただきました。

特定の製品やサービスに依存しない、システムの障害時や自然災害の被災時に事業継続が可能なシステム実行プラットフォームを実現するソフトウェア制御型クラウドシステムとして開発され、パブリッククラウドやプライベートクラウドを跨いだシステムを構築する際に発生する、システム基盤方式設計や、ディザスタリカバリ(DR)を考慮したシステム運用設計などの作業を、テンプレート化することで再利用を可能とする技術です。

公式サイト(http://cloudconductor.org/)には、各種資料とソースコードが公開されており、下記のようなホワイトペーパーも掲載されています。

  • SDN市場分析及び技術調査
  • RDBMSのWAN越え同期レプリケーションの検証
  • 分散ファイルシステムのWAN越え同期レプリケーションの検証
  • OpenFlowによるWAN越えのL2延伸の検証

弊社は、分散ファイルシステムの検証に参画し、XtreemFS, Ceph, GlusterFSの検証を実施しましたので、是非ご覧下さい。

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31