オープンソース構成管理システム CMDBuild V.3.3リリース

CMDBuild V.3の最新版が公開されました。多くのバグフィックスと、以下の新機能が追加されています。

・カード一括編集/一括削除機能の追加。
・CSV/Excelファイルのインポート/エクスポートテンプレートの改善、ADDモードでのインポート、エクスポートでの現在のフィルタの使用、日付と数字のフォーマット、TABセパレータ設定の追加。
・RDBインポート/エクスポートの追加と、DWGフロアプランとIFC BIMモデルのインポートを設定して自動化するための自動タスクシステムを追加。
・文書管理:DMSで管理する文書の属性を自由に設定できるようになりました。
・管理モジュールに新しいダッシュボードを追加し、設定されたエンティティ、現在のデータ量、成長傾向、アクティブなサービスなどの指標を表示。
・レポートを添付した電子メールの送信をスケジューリングするためのタスクを追加。
・OAuth 2.0 と ADFS4 標準に基づく認証方法を追加。
・インドネシア語とポーランド語のローカライズを追加。

ダウンロードはこちらから。
https://www.cmdbuild.org/en/download/latest-version
アップグレードは、cmdbuild.warファイルを置き換えtomcat再起動により、自動的にDBマイグレーションスクリプトが実行されます。

マニュアル(英語版)も更新されています。
https://www.cmdbuild.org/en/documentation/manuals

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です